ウイコレをプレイしていて、思うように試合が運べない時なんてよくありますよね。

ウイコレはPvPなので、上には上がいるものです。

うまく攻略できない、勝てないというのは日常茶飯事といえるでしょう。

 

そんな時に裏技があばいいのに!と思ったことはありませんか?

もし裏技があるなら、もっと楽に攻略できちゃいますよね!

この記事ではウイコレの攻略に役立つ裏技について紹介していきたいとおもいます。

 

ところで・・・

 

今、ウイコレの課金アイテムであるプレミアムボールを無料を無料でGETすることが出来る裏技が人気なのをご存知ですか??

 

 

この方法を使えば、無課金でもレアな選手カードを入手することができるようになりますよ。

 

無課金でプレイする場合にはもはややっておかないと損くらいの裏技なので、「知らなかった!!」ということであればやっておくのがおすすめです。

 

>>プレミアムボールを無料でGETして好きな選手カードを手に入れる

 

本当に今は便利な時代になったものです!

ウイコレ攻略のための裏技はこれだ!

私もウイコレをプレイしているのですが、幾度となく壁にぶち当たってきました!

勝てない、連勝ができないなどということも多々ありました。

そんなときに、裏技があればと思い、いろいろ試したり、調べてみたのですが、

気になることがいくつかあったので紹介させて頂きます!

 

フェスで不成立は試合としてカウントされない?

ウイコレでは連勝をすることで、チームの得点が加算されていくので、試合は基本的に連勝した方がいいです。

もし試合で負けてしまいそうになったタイミングで不成立にすることができれば、連勝が止まらないという裏技になります。

ここで注意してほしいのは「リタイヤ」にしないということです。

リタイヤにしてしまうと試合を棄権したということになるので、普通に負けてしまうということになります。

 

それでは不成立とはどういった状態のことを言うのでしょうか?

不成立になるためには、ネット回線のエラーやアプリを落とすといった通信が途切れたことを言います。

上記が原因で試合が中断してしまうと、試合が不成立となるというのです。

 

ただウイコレには様々な闇があります。

この方法で確かに不成立になって連勝が止まらなかったという意見もあるのですが、

 

試合が始まった時点で勝敗が決まっている

 

という意見もあり、私はその通りだと思っています。

 

ガチャであった金のボールを目押しで蹴るというのと同じ原理ですね。

ウイコレはネット通信をして試合を行うので、試合開始となる前に不成立にする必要があり、負けたのか、勝ったのかは判断できないので、あまり使えない裏技といえます。

 

消費BPを抑えることができる?

ウイコレでは試合をするたびにバトルポイント(BP)が必要になってきますよね

しかもフェスでは試合を重ねるごとに消費BPが増えていくという非常に効率の悪い試合運びを行わなければなりません。

 

ただある方法を使えば、消費BPは増えず、1のままで試合を進めることができるのです。

その方法とは試合中にリタイヤを行うのです。

先ほどはリタイヤはダメといいましたが、BPを考えるとリタイヤがおすすめです。

 

フェスなどでは試合は負けても、勝っても消費BPは増えていきます。

負けそうな試合、大量得点を取られたときなどは、あきらめてリタイヤしてしまうことをおすすめします。

リタイヤすることで次回の試合も、前の同じとBPで試合をすることができますよ。

 

試合をする前に敵のチームの戦力をしっかりとみておくことで、リタイヤするか決めるのもいいと思います。

少しでも、いい試合ができるようにBPを節約していくようにしましょう。

 

ウイコレ攻略のための裏技まとめ

ウイコレを攻略する上で裏技といったほどの、不具合は有りませんが、小技は実在します。

  • 試合を不成立にすることで負けにはならない
  • 不成立とリタイヤは別物
  • リタイヤを行うことでBPを節約できる

不成立にすることは、あまりおすすめできません。

失敗して普通に負けることもありますし、垢バン対象となる可能性もありますからね。

BP節約に関しては、こちらが完璧に負けを認めるということなので、垢バン対象にはならないと思います。

あまりにもチームの戦力が離れている場合は試合開始と同時にリタイヤした方が時間効率もいいかもしれませんね。

あと裏技といえば、こちらがかなり強力なので最後に紹介したいと思います。

◆関連記事ウイコレのプレミアムボールを無料で集める裏技

本来であれば課金をしないといけないプレミアムボールが無料で手に入りますので、かなり便利です。

よかったら参考にしてみてください。

それでは今回もありがとうございました。